HOME>治療

考察レポート03

「全身のバランス」や「身体の連動」といった言葉を用いることがありますが、それらをどのように表わせるかを考えてみます。
伸筋群・屈筋群といった解剖学上の分類は、末梢の関節の動く方向を基準として決められているため、上肢と下肢あるいは体幹と下肢の動作において整合性が取れず、全身に渡る運動を表すのに適しているとは言えません。
そこで、東洋医学の経絡のイメージを簡略化して取り入れてみます。
身体を横断面で考えてみると、ほとんどの部位が円形に近い形となることが想像されます。
円形のままでは基準を設けにくいため、それに内接する六角形を想定します。
あらゆる高さでその接点が繋がっているとすれば、身体前面に3本、後面に3本の経路が現れ、それぞれの内側、中央、外側を通っていることがイメージ出来ます。
必ずしも、通っている深さは皮膚面上では無く、また、流れている方向も長軸方向のみとは限りません。
六角形
上肢にも下肢にも、左右それぞれ六本ずつの繋がりがあるとすると、それぞれの働きを充分に活かせている状況が、バランスが取れた状態であると言えます。
身体のいずれかの部位に痛みが生じている場合は、そうしたバランスが崩れている可能性が考えられます。
例えば、身体の左側に重心が寄った姿勢が続けば、他の経路に比べて左下肢の外側の負担が大きくなっていることが想像されます。
あるいは、右手の親指を酷使する作業が多ければ、右上肢の外側の経路に疲労が溜まることが予想されます。
そうした偏りが積み重なると、その経路の緊張が高まり、結果として痛みが生じることがあります。
何らかの治療を施して痛みが改善したとしても、それまでと同じ身体の使い方をしていると、同様の症状が起こる可能性があり、根本的な解決にはなりません。
また、痛みが出ないように反対側で同様の使い方をしたり、筋力不足が原因だと考えトレーニングで鍛えたりすることは、偏りを助長してしまう可能性もあります。
したがって、治療を施す上で、痛みの生じている経路の緊張を弛めると共に、上手く働いていない経路を活かしていくことが大切になります。

私達は日常生活を送る中で、知らず知らずの内に、表層の筋あるいは目的とするものに近い部位を使って用件を済ましてしまう傾向にあります。
物を取ろうとして手を伸ばしたり、階段を登ろうとして大腿を持ち上げたり、振り向こうとして首を回したりといった普段何気なく行なっている動作が、しばしば偏りの原因となってしまっていることがあります。
それらの行動は、どこから動きが起こっているか、どの経路を通って行なわれているかによって、全く質の異なったものとなります。
身体後面や外側を通る経絡は、いずれも長い過程を辿って身体を巡ります。
筋を縮めることで関節を動かすのではなく、それらの経路の伸びる方向を辿ることで、表裏のバランスが取れ繋がった動作が可能となります。
また、体幹から上肢あるいは下肢に付着する深層筋の走行を見ると、いずれも四肢の内側に停止していることが分かります。
六本の経路が、頭部もしくは体幹から四肢の先端まで続いているとすると、指の本数よりも一本多いことになります。
経絡図では、小指や母趾に二本の経絡が走行し、身体の内側を通る繋がりの働きが示唆されています。

身体の持つ働きを充分に活かせるように、治療と共に、姿勢や動作のアドバイスを大切にしていきたいと考えています。

<参考文献>
『経絡経穴概論』 編者:東洋療法学校協会 発行所:医道の日本社

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/480-3f795974

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】