HOME>呼吸動作研究会

活動報告43

健康維持互助会 2013.11.24

今月の健康維持互助会の前半は、KMさんが指導してくださいました。

片膝を曲げ、片膝を伸ばして座り、骨盤の動きを観察する
・腰椎の入る骨盤の位置
・足関節の決め
・膝と足趾の向き
・下腿の捻れ
・下肢の折り畳まり方
・身体後面に生まれる張り
・視線の方向
・両側の股関節の行き来

仰臥位で、片膝を曲げた位置で帯を巻き、呼吸を観察する
・アキレス腱の意識
・骨盤の傾きと膝の位置
・仙骨の転がる軸
・臀部下部と鼠径部の対応
・大腿と下腿の間の張り
・下肢後面を通る経路
・呼吸と身体の向かう方向

後半の合気手技研究会では、H多さんと施術の練習をしました。

仰臥位の相手の四肢を浮かせて誘導する
・自分自身の位置取り
・力の抜きやすい姿勢
・関節を自由に動かせる支点
・接点での転がり
・浮かせる高さ
・降りていく方向
・股関節での誘導

椅坐位の相手の両肩に手を置いて揺らす
・五指のバランス
・両手の間の張り
・肋骨の浮き
・揺れのリズム
・届いている深さ
・首の向かう方向
・動きの同調

昨日の健康維持互助会の前半は、練習に取り組む上で、長期的な目標と目の前の課題を両立させながら、前提を作っていくことの大切さを感じました。
一度に全てを合わせようとするのではなく、視点を変えながら、現状におけるベストな姿勢を探すことが、身体の繋がりを観察する上で重要であることを学びました。
後半は、相手の膝や肘を片手で浮かせて体幹の動きによって誘導できる位置を探したり、身体から起こるリズムを変えることで伝わり方にどのような変化が起こるかを観察しました。
普段の臨床では出来ない条件での練習をさせて頂くことができ、また、その都度感じたことを伝えてくださり、たいへん勉強になりました。
KMさん、H多さん、参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/486-060b2465

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】