HOME>呼吸法セミナー

体験記49

呼吸法研究会 2013.11.24

立位で、下肢の働きを観察する
・足趾の向き
・膝の角度
・左右のバランス
・張りの生まれる起点
・骨盤の締まる位置
・寄せに伴う伸び

両手で座布団を持って、呼吸に伴う動きを伝える
・両手の引き分け
・股関節の動き
・重心の移動と座布団の傾き
・呼吸の深さと動作の大きさ
・上肢へ向かう経路
・順に伝わる弛み

鼠径部に杖を置いて、歩法を行なう
・手関節の決め
・背部の意識
・胸骨の向き
・後頚部の伸び
・横隔膜の高さ
・下腹部の重みの維持

今月の呼吸法セミナーでは、下肢内側の働きの重要性を学びました。
相手に負荷を掛けてもらいながら移動する稽古を行ない、身体の締めや張りが、前後や側方への移動にも大きく関わっていることを実感しました。
接点の重みは預けたまま、抜けずに動ける範囲で下肢を運び、反対側を寄せることで、相手からの負荷と戦わずに進めることを体感できました。
下肢の自由度を保つためには、反る繋がりと丸まる繋がりの中央で張りを作り、上半身を浮かせておくことが大切であるように感じました。
M岡さん、参加者の皆様、先日も多くのことに気付かせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/487-423b9d6e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】