HOME>施術勉強会

選択挟み

先週の土曜日は、M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

最初に、立位で、膝の力の抜ける姿勢を観察しました。
膝より上方を下げることによって曲げると、関節に重みが掛かり力が入りましたが、下方から伸ばすように意識すると、膝関節の奥に引き込まれるように曲がることを感じられました。
そのためには、踵を浮かせても足趾の付け根に乗り、下ろしても重心のずれない位置に、体重を乗せておくことが重要であることを学びました。
また、踵のどこに意識を置くかによって、足関節の曲がり方や伸びていく経路や臀部下部の張りが変化することを感じました。
設定を変えながら、膝関節後面の外側と内側を抜けるラインの両方が通る位置を探し、さらに下肢内側を締められる条件を検証しました。
前方、中央、後方の締めが行える位置では、呼吸によって生じた力を、上方への伸び上がりとして逃がしてしまうことなく、内側に挟む力として高め、外側への張りを生み出せることを学びました。
自分自身が認識していなかった癖に気付いたり、動作時に意識する点や方向をいつもと変えることで、身体の繋がりが大きく変化することを実感できました。

それから、お互いに相手の上腕部に手を添えた状態で、歩法を行ないました。
締めによって脚が引き寄せられ、そこから起こる力の高まりを解放することによって、移動するための推進力が生まれることを学びました。
相手から重みを掛けられても、それを上方へと受け止めようとするのではなく、力を抜いて下方へと吸い込むことを意識して行ないました。
そこから下腹部に生まれた張りを保つことで、体幹の移動に伴って後方の脚が浮き、足関節が決まる位置へ足が運ばれることを感じられました。

また、お互いに抱き合った姿勢から、相手を浮かせる練習もしました。
背部に沿うように手を当てて相手の力を受け入れ、そこから、お互いの接しているあらゆる部位が密着するように、意識を広げて呼吸を行ないました。
自分自身の身体の張りによって、相手に張りを生み出すことが出来ると、一体となって移動できることを体感しました。
手を持たれている場合など条件が変わっても、接点の在り方が異なるだけで、そうした感覚は同様であることを学びました。
相手に把持された接点を留めて自由に動ける位置を探し、力を抜いたまま伸びられる経路を辿ると、相手を浮かせて行けることを体感しました。
鎖骨や肩甲骨の働きを活かすことが、肩部を脱力したまま、張りによって生まれた力を上方まで伝えるために重要であることを感じました。

M岡さん、先日は密度の濃い勉強会を企画してくださり、ありがとうございました。
お相手をしてくださったK元さん、KMさん、ありがとうございました。
今回、得られた自分自身の課題を解決する条件を満たせるように、一つ一つ検証していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/488-00afe453

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】