HOME>呼吸法セミナー

体験記50

呼吸法研究会 2013.12.22

足底を付けて胡座を組む
・足関節の角度
・足底の当たる場所
・腰部の決め
・呼吸に伴う動き
・骨盤の開閉
・働いている経路

相手の肩外側に手を当て、側方に動かす
・呼気に伴う張りと吸気に伴う張り
・百会と会陰の位置関係
・骨盤底部の締め
・接地面の緩み
・閉じた回路と開いた回路
・体幹内部の寄り

相手に負荷を掛けてもらって進む
・膝の弛む位置
・下肢内側の張りと身体内部の伸び
・頭部の位置と足底の重心
・大椎の動き
・視線の向きや届く距離
・足部の運ばれるライン

今月の呼吸法研究会では、いかに身体が繋がる前提を観察していくかを学びました。
片側の下肢を引き寄せる動作も、足関節の角度や膝の脱力や骨盤の傾きといった条件によって内側の張りに強く影響することを感じました。
繋げられる位置にあると、下肢と共に体幹の内部も寄り、挟み込む動作を身体全体に起こる大きな力として感じられました。

今年も呼吸法研究会に参加させて頂く中で、呼吸を通して多くの発見があり、様々な体感が得られました。
M岡さん、参加者の皆様、来年も、よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/496-357b75f3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】