HOME>合気観照塾

感想文01-07

私は、今年の二月から、毎週土曜日に観照塾という合気道の道場に通っています。
稽古終了後は毎回、その道場の指導者であるK野先生に感想文を送っています。
自分自身の為の記録も兼ねて、過去に送った感想文を転載しておきます。

感想文07
観照塾 2010.04.03
先日の観照塾では、合気上げを練習しました。
ロッキングチェアは準備運動や身体の使い方の練習としか考えていませんでしたが、合気上げとこれほど深い関係があることに、教えて頂いて初めて気付きました。
相手の持ち方が変わっても、基本的なやり方は同じだということは分かりましたが、まだ相手との接点が小さいとうまく繋げることが出来なかったので、主に両手を持たれた状態で練習しました。
O原さんに一つずつ段階を分けて教えて頂き、繰り返し練習している内に、腰から下の準備がきちんと出来ていると、それだけで相手を浮かすことが出来るということが分かりました。
また、夕食の際は接触鍼をして頂き、私が職場で行っている鍼との違いを感じました。
今は経絡の流注を参考にして刺入するということが多いのですが、より良い方向を自分自身で感じて鍼治療が行えるよう意識していきたいと考えています。

感想文06
観照塾 2010.03.27
今日の観照塾では歩法や合気上げを学びました。
歩法は、まだ手本の真似をして同じような動きをするという状態で、動きの共通性を身体で実感することは出来ませんでした。
合気上げに関しては、主にI川さんに稽古をつけて頂きました。
よく「もっと適当に」と指摘されましたが、上げようと言う意識をしない方が上がりやすいというのは不思議な感覚でした。
片方づつ行なった際は右側が上がりにくかったですが、動きが悪い部分を治療をしてもらうと、押さえられた腕が上がりやすくなったのには驚きました。
自分自身の腕にそれほど左右差があることが分かっておらず、治療をしてもらって初めて気付きました。
普段から、もっと自分の身体の状態や起こった変化に関して敏感でありたいと感じました。

感想文05
観照塾 2010.03.20
今日は相手の攻めを受け流す技を、主にM岡さんに相手をして頂いて練習しました。
相手の対応に関わらず安定して技を掛けるというのはまだ難しかったですが、相手の力をうまく受けることが出来た時とそうでない時の感覚の差は以前よりはっきりと分かるようになった気がします。
途中、技を掛けている先生の骨盤の辺りを触らせて頂くと、中から膨らんでくるような大きな動きを感じることが出来ました。
K元くんに借りた「透明な力」という本に、佐川幸義先生がとにかく日々の鍛錬が大事だと言っていたと繰り返し書いてあるのが印象的でしたが、やはり体作りをしていかないと充分に技が掛けられないと実感しました。
合気道に適した体型になるには時間も努力も必要なのでしょうが、頑張りたいと思いますのでこれからも末長くご指導お願いします。

感想文04
観照塾 2010.03.06
おかげさまで国家試験は無事済みました。
先日の観照塾では治療までして頂きありがとうございました。
経絡を意識した治療だと、身体の中の方が伸ばされていることを感じることができました。
実演して頂いた、木刀や手を持たれた状態から相手を崩すというのは、見かけ上の動きは少ないので簡単そうに見えても、実際に自分で掛けてみると全然上手く出来ませんでした。
とりあえず今の私の段階では、まず重心の取り方や骨盤の動きといった基礎を習得しなければならないと痛感しました。
M井さんを始めとする先輩方に教えて頂き、いま練習すべき内容は見えてきたので、少しでも早く身に付けたいと思っています。

感想文03
観照塾 2010.02.20
先日の観照塾では、合気道の投げ技や固め技を学びました。
柔道ではつい力で掛けてしまうことが多かったのですが、相手が自由に動けない体勢に持っていくことによって力を使わず、またより効果的に技を掛けることが出来ることが実感出来ました。
実は前日に体調を崩しており、まだ本調子では無いため行こうか迷っていたのですが、得るものが多く参加出来て良かったです。
長時間寝ていて、肩や腰などあちこちに重さがあったのですが、動いている内に徐々に楽になりました。
今まで鍼灸や徒手療法の講習会にはいくつも参加してきたものの、今一つ方向性が見えていなかったのですが、ようやく本質に近づけた気がします。
また、基礎すら出来ていない私にも丁寧に教えて下さる先輩ばかりで、いい会に巡り合えたと非常に嬉しく思っています。
来月から会員として参加させて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。

感想文02
観照塾 2010.02.13
昨日、教えて頂いた肩関節の整復法は様々な症状に応用出来そうなので、使いこなせるようにもっと練習したいと思います。
実際に掛けてもらった時は痛かったですが、後で伸ばされた側の肩が軽くなったことが実感出来ました。
また、夕食の時は貴重な話を聞かせて頂いてありがとうございました。
今まで「そういうものだ」と考えていた五行色体表などの東洋医学の知識に関して、違う見方が出来るようになった気がします。
アドバイス次第でその人の考え方や体調が変化するという話は自分自身にも当てはまることが多いので、なるべく柔軟な思考で取り組んで行きたいと思います。

感想文01
観照塾 2010.02.06
先日の観照会にビジターとして参加させて頂いたOAと申します。
まだ歩法も木刀の振り方も基礎すら出来ていないのですが、先生方に丁寧に教えて頂けたため、楽しく練習出来ました。
木刀も最初は単に腕で振っているだけでしたが、悪い点を指摘してもらいながら練習すると、少しづつ自然な動きで身体を動かせるようになることが実感できました。
現在通っている柔道整復の専門学校で柔道の授業が終わって以来、運動をする機会がほとんど無かったのですが、自分自身が身体を動かす事が好きなのだと改めて気付きました。
今日学んだことを忘れないよう復習し、次回も参加させて頂きたいと考えていますので、ご指導よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/5-24229d8c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】