HOME>治療

知覚変動

継続して物事に取り組むとき、変えようとして変わるだけではなく、気付いたら変わっていたということを、しばしば経験します。
その変化を通り過ぎてしまうのではなく、出来る限り認識していくことが、前に進んでいくためには重要では無いかと考えています。
最近、鍼治療を行なっているときの感覚も、少しずつ変わっていることを感じています。

視診や切診は、診断と言うよりは、現状の把握と施術前後の変化を確認するために行ない、全体としてのバランスを診ることを意識しています。
それから、どの経絡あるいは経穴が強まっているか弱まっているかを診て、それらが改善することを意識して施術を行なっています。
四診によって先に証を立てていた頃は、それに従って刺鍼する経穴を決めていましたが、接触鍼を行なう度に現状が変化していることを感じられるようになり、その都度、気になった経穴を選ぶようにしています。
また、経絡や経穴も目安として、定まったラインや位置には拘らないようにしています。

刺鍼を行なう際は、接点から伝わる感覚や、自分自身の内部で起こっている変化を受け取りながら、目線は全体に置いておくことで、視野を広げられることを感じています。
以前は、鍼先から先へ向かう方向へ意識が傾いていましたが、鍼先部から後方への繋がりまで意識しながら行なうことの大切さが分かってきました。
刺鍼の方向は、立ち位置あるいは鍼先の向きを変えることで、自分自身の背骨が立ち、丹田に重みが感じられる側を選んでいます。
骨盤が前後に傾く締めによって刺入し、左右に剪断する動きによって、重みが増す方向へ鍼先を回旋させています。
そこから、体幹の動きによって、左手と右手のバランスを取り続け、より掛かるほうへと辿っていくことで、患者さんの身体を繋げていけることを感じています。
自分自身の掛かり方に比例して、鍼の先の充実感が増し、それが弛み始め、逆向きの流れが鍼穴を通り過ぎる瞬間に抜鍼するようにしています。
鍼先の重みが弛みにくい場合は、鍼の先を、繋がりが途切れない方向に回旋や雀啄をして抜くようにしています。
重みの感触は症状によって様々で、それによって、鍼の動かし方を変えていくことの必要性が分かってきました。
また、働きかけたい経路へ繋げていくためには、選んだ経穴によって、鍼先の傾きや刺鍼の深さを調整することの重要性を感じています。

そうした刺鍼の技術の向上と共に、より的確な選穴が出来るようになれば、もっと治療効果を上げられるのではないかと考えています。
治療家の先生方が書かれた文章の中に、驚くほど繊細な感性をもって、身体を観察されている内容をみることがあります。
そのような深い感覚を自得し、より良い治療を行なえるようになるため、日々精進していきたいと考えています。

北原

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/500-831feb1c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】