HOME>呼吸法セミナー

体験記51

呼吸法研究会 2014.01.26

仰臥位で、下肢の置き方を変えながら、呼吸を観察する
・力の抜ける下肢の角度
・足関節の決め
・締める位置と骨盤の傾き
・大転子の寄せ
・肘と膝の釣り合い
・内部を通る繋がり

立位で、挟みこみに伴う動きを観察する
・頭部の重心バランス
・仙骨と後頭骨を引く方向
・胸骨の向き
・咽喉の開閉
・全身での挟み込み
・絞り上げる頂点

相手の両肩に手を当て、前後左右に動く
・相手との間合い
・移動する向きと反対側の意識
・腹部の重みの持続
・相手の重心の変化
・力の向かう方向
・動作の一体感

先日の呼吸法研究会では、どちらにも傾くことができる不安定なバランスの重要性を学びました。
その位置から、骨盤底の締めの恥骨側への比率を高めていくと、前方へ向かう力が起こり、不安定さが臨界に来たときに、自然に一歩が踏み出せることを体感しました。
締めを弛めないように意識することで、新しいバランスの位置へ反対側の脚も引き寄せられ、その割合を自由に調節できると、どの方向へも移動できるように感じました。
相手との係わり合いにおいても、相手を含めた重みとして重心を変化させることで、固まったり軸を崩したりすること無く動作を続けられ、相手を動かす技にもダンスにも施術にもなることを教えて頂きました。

M岡さん、お相手をしてくださった皆様、昨日も充実した時間をありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/504-cdc5e902

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】