HOME>呼吸法セミナー

体験記52

呼吸法研究会 2014.02.23

先日の呼吸法研究会では、呼吸に伴う内部の動きを体感できました。

立位で、相手に後方から締め付けられた状態での呼吸を観察しました。
力を入れるのでも抜き切るのでも無く、相手の締め付けと釣り合って息を吸える位置を探しました。
前後左右に重心を傾けても、その変化したバランスに合わせて吸い上げることで、相手が身体ごと同調して付いてくる状態を体感しました。
向き合って立ち、相手の肩に手を当てたりと、接点の在りかたを変えても同様であることを学びました。
片側の股関節に重心を寄せ、同側の体幹内部を通して吸い上げていくことで、下肢を寄せる働きが起こり、手は何もしていなくても、相手を浮かせられることを実感できました。
自分自身の両手を合わせた状態でも、右からの寄せと左からの寄せが一致する場所で吸い上げることで、上肢が浮き、その力が相手に伝わることを体感しました。

それから、椅子の後方に手を掛けて座り、呼吸によって生じる身体内部の張りを観察しました。
手部を決めておくことによって、反る繋がりで肩部が後方に向かったり、丸まる繋がりで前方に引かれたりする中で、張りが高まっていく様子を感じられました。
呼気と共に弛めていける肢位では、肩部の位置が思っていたよりも後方にあり、骨盤の様々な動きが上肢と下肢に連動して伝わっている状態を体感できました。

その後、声を出しながら身体の内部で起こっている動きを観察しました。
「え」の混じった「ん」を、呼気と共に響かせると、普段とは全く異なる発声をしていることを感じました。
「あ」や「う」など、含まれる母音を変えることで、声の通り方や頭蓋骨への響き方が変化することを面白く思いました。
姿勢を変えることでも振動の伝わる場所が変化し、後頭部を開ける位置で空気の通る量を増やしていくと咽喉が開き、その感覚を腹部まで繋げていけることを学びました。
再び立位で呼吸をしてみると、身体の内部や頭部へ息が通りやすくなったことを実感でき、声を出していない状態でも、そうした内部の伝わりを感じておくことの大切さを学びました。

M岡さん、参加者の皆様、今月も素晴らしい体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/512-f4e1cb68

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】