HOME>施術勉強会

刀機微

昨日は、M岡さんのご自宅に伺って、剣術の稽古をつけて頂きました。

剣の横断面の角度を意識して、両手の近位指節間関節や手背の向きを合わせ、前腕後面で攻めることで、刃筋と一致した動作を実現できることを教えて頂きました。
さらに、両手のバランスが、左右それぞれの股関節の動きに対応して変化している様子を観察しました。
両腕と体幹や、剣と右腕など、身体の各所に三角形のバランスが存在し、それらの二辺の長さや角度の大きさや面の傾きが変わることで、あらゆる身勢の変化が生まれることを学びました。
下段に構えた位置から、剣を直線的に上げるのではなく、反りを意識した斬る動きによって剣を浮かせて中段の構えを取りました。
さらに、中段からの骨盤の立て替えで正眼になり、正眼から肘を畳んで剣に体幹を近付けると相懸けになるといったように、基準となる線や面を設けて股関節を起点として動くことで、姿勢の転換が行なわれることを知りました。
上下や左右の組み合わせによって、相手からの様々な方向からの働き掛けに対応でき、それぞれの身勢の間にある繋がりを感じることが出来ました。
そのような姿勢では、剣を介してだけで無く、身体を直接に押されても崩れずに丹田の動きを伝えられることを体感しました。
身勢を立て替えるときには、何処で止まってもそうした状態にあり、なおかつ、臨界の位置まできちんと決めてから動作を続けていく必要性を感じました。

その後、肩部に袋竹刀の物打ちを当てさせて頂き、そこから前進する練習もしました。
袋竹刀の撓みと連動して、脊柱に張りが高まることを感じ、そうして集めた圧力を維持したまま、後方の脚を引き寄せ、さらに一歩を踏み出すと、前に進めることを体感しました。
体幹の面が斜めを向いていても前側の膝や足部が前を向くようにすると、体重を乗せていくことで分け目の実感が高まり、物打ちに重みを乗せていけることを学びました。
相手との位置関係や接点によって、剣の向きが変わり、身体もそれに合わせていくことで、内部に剣の動きと一致した張りを生み出せることを感じました。

それぞれの姿勢の移り変わりを観察する中で、常に身体全体の釣り合いが関わっていることを実感しました。
剣の向きを変えると、膝が内に入ったり、曲がらない位置で肘を曲げようとしたり、手首の決めが抜けてしまったりと、自分自身の様々な癖を感じられました。

M岡さん、昨日は剣術を通して多くのことを学ばせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/517-c00b0104

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】