HOME>呼吸動作研究会

活動報告47

健康維持互助会 2014.03.23

前半は、私が担当させて頂き、ボールを使ったメニューを企画しました。

足の下、両手の間、手指でボールを転がす
・重心の位置
・皮膚のズレ
・転がりの中心
・それぞれの関節への伝わり
・骨盤の動きとの一致
・呼吸との同調

皮膚を擦る、押す、つまむ
・体幹の向き
・動作の起点
・引きと攻めのバランス
・内部の動き
・伸びていく経路
・動作の違いと共通項

後半の合気手技研究会では、N田さんと組ませて頂きました。

様々な種類のボールを持つ
・五指のバランス
・手指の密着感
・動作とボールの中心
・力の入っている部位
・呼吸とボールの高さ
・伸びていく繋がり、引いてくる繋がり

側臥位での施術を行なう
・力の抜ける姿勢取り
・関節の詰まる位置、抜ける位置
・後頚部の引き
・視線の方向
・重心の移動とお互いの間の張り
・相手が呼吸しやすい位置

一つのテーマを設けて、どれだけ形を変えながら伝えられるかを課題として、進行させて頂きました。
動作を拝見したり、質問を受けたりする中で、自分自身に無かった表現方法を感じられ、たいへん勉強になりました。
会員の皆様、今月も貴重な経験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/520-ff051d15

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】