HOME>合気観照塾

観照文77

合気観照塾 2014.03.29

先日の観照塾では、木刀を用いての剣術の稽古がありました。

相手に中段で構えてもらい、捻り込みによって攻める練習をしました。
股関節によって剣を左右いずれかに傾け、横隔膜を浮かせたまま、反りに沿って剣を進めました。
剣の先まで意志を通した状態で足を運べると、相手の剣が逸れ、相手の攻めを封じながら進めることを学びました。
剣の接点からは、相手の力の入っている方向も伝わり、それに応じて、股関節を切り返して上太刀を取ったり、抜いて相手のバランスを崩し、違う角度から切り込めることを学びました。

青岸の構えでは、相手の首筋から斜めに通る太刀筋をイメージし、片側の鼠径部をさらに深くすることで、そのラインを斬れるように刃筋を合わせました。
青岸の構えから、上肢に体幹を近付けていくと城郭勢になり、いずれの身勢においても、そこから内部を伸ばせるかどうかが重要であることを学びました。
相手が振り下ろす剣との接触と伸びのタイミングが合うと、吸い込みながら入れることができ、受けと攻めを両立できることを体感しました。
さらに、後頚部によって上肢を吊るし、肋骨の操作を剣に伝えることが出来ると、浮かせた相手をいずれの方向にも崩せることを知りました。
上手く伝えられたときには、思いの外、力を必要としないことを実感できました。

今年の稽古で、剣術における身体動作の重要性を実感しましたので、続けて練習に取り組んでいきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/523-b8c85a87

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】