HOME>施術勉強会

循環五指

先日は、F本さんと一緒に、N山さんの治療院にお邪魔し、治療を学ばせて頂きました。

最初に、治療に入る前段階が如何に大切かを教えて頂きました。
相手の中心と自分の中心を合わせてから近付くことで、身のこなしが変化し、受ける側の安心感も大きく異なることを体感しました。
接する際も、手からではなく、体幹から近付き、丹田から広がる呼吸を伝えるように行ないました。
相手の周りの空気を意識しながら接していくことで、心身の無意識の緊張が起こることなく触れられることを学びました。
リラックスしながら施術を受けて頂くために、治療院の空間創りから始まり、一つ一つの行動における心遣いが如何に大切かを感じました。

それから、姿勢や動作を評価し、どういった方向からアプローチするか、空間に補助線を引きました。
その太刀筋を元に、剣を上げる位置と振り下ろす位置をイメージすることで、自分自身の身勢や相手との間合いが決まってくることを体感しました。
力を抜いて手を当てた状態から、労宮を中心に手部を浮かせていくことで、それぞれの指の接点が点になり、関節の形状や動きが細かく伝わってくることを感じられました。
手指を柔らかくして関節を転がしながら、両手の間に張りが生まれる位置に合わせ、丹田から攻めることで、相手の身体を繋げられることを知りました。
そこから、肩や肘など、自分自身の力が入っている場所を抜いていくと、相手の弛んでいく様子を感じられました。
その際、中心は常に付け続けることで、他が自由に動くことができ、繋がりが途切れることなく動作を行えることを学びました。
そのまま相手の伸びていくほうに付いて行き、剣の落ちていく位置と両手の集約していく位置が一致するように股関節で引けると、中央へと誘導できることを教えて頂きました。

治療に臨む上で大切な多くのことを学ばせて頂けて、たいへん貴重な経験が出来ました。
N山さん、F本さん、先日は素晴らしい時間をありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/524-77e1b924

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】