HOME>呼吸動作研究会

活動報告48

健康維持互助会 2014.04.27

今月の健康維持互助会は、K元さんが企画・進行を担当してくださいました。

正坐位や立位で、身体を折り畳む動作を観察する
・体幹の傾きと尾骨の向き
・脊柱の伸び
・後頭部の引き
・膝裏の深み
・股関節が詰まらない骨盤の動き
・動き続けられるバランス

仰臥位で寝て、呼吸と共に脚を伸ばす
・呼吸の行き届いている範囲
・足首の決め
・外側への張りと内側の意識
・張りの高まる足幅
・呼気に伴う脱力
・中央に近付く伸び

上肢や体幹や頭部に、手拭いを乗せて、動作を行なう
・身体表面の形状
・皮膚と手拭いの擦れ感
・百会から上方への意識
・重みと釣り合う張り
・脱力と共に現れる経路
・自然に起こる伸び

自分に対する負荷に釣り合うように張り、力が入っている部分を抜くと、意識の薄かった経路が働くことを感じられました。
自分自身の力が入っている箇所を、自覚できるようにしていく工夫が、如何に大切かを感じました。

合気手技研究会でも、前半に頂いたヒントを元に施術に取り組み、それを他動的に行なうと、そのまま治療となることを実感できました。

多くの発見を与えてくださったK元さん、お相手をしてくださいましたN田さん、会員の皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/531-d033c001

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】