HOME>呼吸法セミナー

体験記54

呼吸法研究会 2014.04.27

今月の呼吸法研究会では、重心を感じておくことの大切さを学びました。

踵や足趾の付け根に球体を置き、足部の動きを観察しました。
足部のどこに動作の軸を置くかで、体幹への繋がりが大きく変化することを感じられました。
足趾を反らすことで、船底をなぞるように足底が転がり、刻一刻と接点が変化する繊細な重心移動が行われていることを実感しました。
そして、足底の反りに沿った転がりは、膝や股関節にも同調して伝わっていることを体感しました。
前後左右へ重心を移し替えると、身体全体がバランスを取り、体幹の傾きや上肢の揺れが起こることを感じました。
さらに、重みを乗せた分だけ、上方に向かう力が生まれ、そこから肋骨を浮かせたり、上肢を振ったりする働きが生じることを感じられました。

そうした身体の働きは、相手との係わり合いにおいても重要な役割を果たしていることを学びました。
腕や膝など、身体のいずれの部位を持たれていても、そこを相手に委ねたまま重みを移していくとで、相手に入れられることを体感しました。
そして、常に自分は重心を移せる位置にいながら、浮きに伴う落差によって、相手の落ちていく場所へ誘導できることを感じました。
複数の相手が繋がっている場合においても、重心移動に伴う手拭いの揺らぎを、端の人まで伝わる範囲まで広げられると、同様に力を伝えられることを学びました。
相手を含めたバランスの中で、重心の移動を自在に行えるようにしていく必要性を感じました。

それから、用意してくださったお香を体験させて頂きました。
母指と示指で丸を作って両手を引っ掛け、呼吸に伴う体幹の傾きや上肢の浮きを観察しました。
片手が顔の近くまで香炉を浮かせ、もう一方が香りを集める通り道となり、呼吸に伴う動きがそのまま香を聞く動作に繋がることを教えて頂きました。
後頚部を伸ばした状態を保ち、呼吸を上方まで吸い上げられる姿勢にあると、香りが鼻腔の奥まで広がることを体感しました。
香木の種類によって、細さや鋭さや柔らかさがそれぞれ異なることを感じられ、それらが身体に与える影響の大きさを実感できました。
体験したあとは自然に力が抜け、相手に腕を持たれても、同様に深く呼吸をするだけで相手を浮かせられることを感じられました。

M岡さん、参加者の皆様、今月も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/532-757fdcb8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】