HOME>呼吸法セミナー

体験記55

呼吸法研究会 2014.05.25

今月の呼吸法研究会では、呼吸に伴う内部の動きを観察しました。

両腕の間に紐を通して、呼吸を行なう
・紐を締める高さや強さ
・両腕の張りと体幹の動き
・手掌の向き
・下肢の張り
・伸びていく方向
・骨盤が付いてくる位置

剣の構えで、相手を浮かす
・手関節の決め
・尺骨と上腕骨の関係性
・脱力の通り道
・尾骨への落とし込み
・吸い込める深さ
・返っていく経路

仰臥位で、相手への力の伝わりを観察する
・後頚部の伸び
・肘の力が抜ける角度
・肩甲骨への繋がり
・胸椎と畳の間の圧力
・肋骨の締め
・内部を通っていく力

呼吸と共に横隔膜が浮き、身体が伸びていく姿勢にあると、そのバランスの変化に付いていくことで、重力と対抗せずに身体を動かせることを体感しました。
相手から加えられた重みに対しても、内部を自在に弛めたり通したりすることが出来ると、そうした力が同様に働くことを感じました。
自分自身の身体が繋がった状態であれば、呼吸に伴う動きをそのまま相手に伝えられることを学びました。
M岡さん、お相手をしてくださいました皆様、今月も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/540-f1f32ff6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】