HOME>呼吸動作研究会

活動報告50

健康維持互助会 2014.06.22

今月の健康維持互助会は、一人30分で担当者を代えるリレー方式で行ないました。

椅子に座り、お辞儀や立ち上がり動作を観察する
・足底に掛かる圧力
・丹田と踵の関係性
・仙骨と後頭骨の間の張り
・鼠径部の深み
・吸息に伴う上半身の立ち上がり
・上肢への力の伝わり

畳や机との間の皮膚のズレを観察する
・ずれる距離
・机に当たっている場所
・伝わり方の変化
・繋がりの途切れる箇所
・お互いの手の内の緩み

ボールを持って、手部への繋がりを観察する
・手指の当たる位置
・指先の自由度
・労宮の意識
・身体の張りと手背の浮き
・相手と釣り合う引き

ロッキングチェアを行ない、身体の繋がりを観察する
・足趾一本ずつの意識
・足底の圧痛点
・軸の細さ
・足部と手部の対応
・相手に伝わる経路

負荷を与えて、身体のアンバランスを検証する
・中心に掛かる負荷
・重心を乗せている脚
・足部のアーチ
・腰部の働きの左右差
・緊張させたときと脱力したときの違い

30分という時間制限に合わせ、メニューを絞り、伝えたいことを表現するという体験をでき、たいへん勉強になりました。
組み立てや進め方に、会員の皆様それぞれの特色が出ていて、身体に対する色々な見方を感じられました。
お相手をしてくださいました皆様、今月も密度の濃い時間を、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/545-fb215dc4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】