HOME>合気観照塾

観照文87

合気観照塾 2014.06.29

先週の観照塾では、呼吸と手部の動きとの関わりを感じました。

正坐位で足趾を反らせ、足部から上方へと伝わる経路を意識して行ないました。
呼吸をしていると、自分自身の中を通る空気の動きが、相手の向かう方向と同調していることを感じられました。
手部を挟まれた状態で、身体背面から上肢尺側を通って吸息が伝わると、前腕から手部にかけての反りによって相手を攻められることを感じました。
立位で足を一歩踏み出す動作が、坐位においても同様に働いていることを確認しました。
相手の中心に向かう方向に太刀筋が合うと、落ちる位置に剣を下ろせることを感じました。

それから、尺側の三指を内に入れて両手を組み、相手に両腕を把持してもらいました。
手指を縮めて組むのではなく、両手の引き分けと呼吸に伴う張りを一致させることで、内部の力が高まり、それだけで相手に向かう力が働くことを感じられました。
両手が離れた状態においても、相手との関係性の中で同様の張りを生み出す必要を感じました。
呼吸と同調して身体を動かせると、指の向きと相手の頚が一致して動くことを感じられました。
浮かせた位置から、背部を通して下ろし、接点の高さを保っていた留め金を外すと、手部と共に相手を落とせることを学びました。
技を掛け切るためには、最後まで接点の意識を切らさずに、抜けていく経路を追っていく必要性を感じました。

手の組み方を変えたときに感じた身体の働きの違いを、色々と試して検証していきたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/547-1258404b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】