HOME>呼吸法セミナー

体験記57

呼吸法研究会 2014.07.27

今月の呼吸法研究会では、呼吸に伴う動きに身を任せることの大切さを学びました。

仰臥位で、肢位を変えながら、骨盤の動きを観察する
・腹部の吸息の広がり
・骨盤の反る動きの臨界
・肋骨内部への吸い上げ
・体幹の締めと頭部の浮き
・肩甲骨の角度と肘の位置
・保息しながらの抜き

馬乗りにされた状態で、呼吸を伝える
・内部の通り道
・左右それぞれの骨盤の動き
・脊柱に順に伝わる力
・下肢と上肢の連動
・背部から上肢尺側を通る経路
・両側の力の合わさる位置

坐位で、腕や肩を押さえられた状態から返す
・反る攻めと丸まる攻め
・浮かせる臨界
・鎖骨や肩甲骨の脱力
・腹部の伸び
・股関節と肩関節の動きの同調
・相手とぶつからない経路

色々な押さえ方をされても、身体の内部では呼吸を吸い上げることができ、保息しながら肩甲骨や鎖骨を下りる位置まで誘導できると、自分自身が固まらない方向へ抜いていけることを学びました。
最後までその流れに逆らわずに任せて付いていくことで、お互いがぶつかることなく、相手のバランスを崩せることを体験できました。
相手を動かそうとする意志が現れた瞬間に、余計な力が入って、そうした働きが途切れ、動きが止まってしまうことを実感しました。
M岡さん、参加者の皆様、今月も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/554-4ff4f612

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】