HOME>呼吸動作研究会

活動報告53

健康維持互助会 2014.09.28

今月の健康維持互助会も、順に担当を交代しながら進行しました。

股関節の働きを意識しながら、四股を踏む
・両脚の寄り
・股関節の深み
・大腿内側の利き
・脊柱の立つ角度
・締めると浮き上がる位置

脚で合気を掛ける
・大腿骨の回旋と働く経路
・呼吸と下肢の張り
・下肢内側の前方と後方
・膝の浮きと足関節の決め
・踵と骨盤の連動

自分や相手への手の馴染みを観察する
・手を置く向き
・呼吸の向かう方向
・圧の高まる点と弱まる点
・相手に沿った脱力
・ぶつからない手の開き

椅坐位で、下肢の繋がりを観察する
・膝の抜ける位置
・鼠径部から仙腸関節への通り道
・大腿骨頭の感覚
・下肢から頚への繋がり
・下肢内側が自然に働く姿勢

今月の健康維持互助会では、それぞれのアプローチの仕方で下肢から身体の働きを観察でき、足元から作っていくことの大切さを実感しました。
骨盤と脊柱の関係や大腿骨の角度など、自分自身の当たり前になってしまっていた部分に疑問を投げかけてくださり、多くの発見がありました。
会員の皆様、今月も御指導、お相手をしてくださいまして、ありがとうございました。


この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/569-b42824ad

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】