HOME>呼吸法セミナー

体験記59

呼吸法研究会 2014.09.28

先日の呼吸法研究会では、身体全体に起こる引きと攻めを学びました。

立位で体幹を前屈したり側屈したり回旋したりして、重心の移動を観察しました。
重心の移動する方向によって、緩みの取れていく経路が変わり、そうした働きに任せることで、様々な動きが生まれることを体感しました。
重心が後方に移動していくと、身体後面が下方から伸びていくことによって、身体前面が下りていく様子を感じられました。
動かす方向によっては、身体の中で引き合ったり攻め合ったりしている場合があり、そうした無意識の働きが自分自身がしようとする動作を妨げる原因になってしまうことを感じました。

体幹が起き上がった姿勢から、頭部の前上方への伸びを意識して動作を行ないました。
下肢内側を上がってきた張りは、骨盤を通って胸郭へと繋がり、肋骨が下部から締まっていく流れに沿って、上肢が浮いていく様子を感じられました。
手を、頭部を吊り上げている空中の点と一致する方向をイメージして上げていくことで、下肢とのバランスが取れた状態を体感できました。
また、前頭部での緩みを取り続けて前進することで、相手に負荷を加えられていても、楽に進むことが出来ました。

そうした引きと攻めは、剣術や体術においても同様に起こっていることを学びました。
相手の背部を意識しながらシャツをつまみ、自分自身の伸びていく方向と一致する点へ呼吸を吸い上げました。
相手を含めたバランスの中で呼吸を伝えられると、母指と小指の引きと攻めが全身に繋がって起こっていることを感じられました。

M岡さん、参加された皆様、今回も貴重な体験をさせてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/570-b81cd8f0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】