HOME>施術勉強会

ゴーイング前へ上へ

昨日は、M岡さんのご自宅での合気の勉強会に参加させて頂きました。

上腕骨頭に触れながら上肢を動かし、上腕骨と肩甲骨の関係性を観察しました。
上肢を上に伸ばすという動作においても、肩部を固めてしまったり、顎が上がってしまったり、脇腹が縮んでいたりと、様々な癖があることを実感しました。
上腕骨を固まらない方向に動かせると、肩甲骨が付いてくる位置があり、脇や、腹部へと順に繋がって、上肢が伸びていくことを体感しました。

さらに、椅子に座って骨盤を転がし、尾骨の動きを観察しました。
尾骨が浮き上がる場所では、吸い上げた空気が頚椎の椎体を通り、頭頂部の意識が高まる様子を感じられました。
上肢もそうした働きと連動して伸び、伸びていく方向と体幹の軸の傾きが同調しながら、全身でバランスを取っていることを体感しました。

下肢においても同様に、一つの関節のように使ってしまっている部分に、多段階の動きが起こっていることを学びました。
膝に向かって真っ直ぐに大腿骨が滑っていく方向にバランスが変化すると、大腿部の内部の滑りと繋がって、腸骨が動く様子を感じられました。
どこかに余計な力が入った途端に、経路が体表を通ってしまい、内部が動きにくくなることを感じました。

相手に持たれた腕を、小指球と母指球が寄り、手が蕾になっていく様に力を抜いていきました。
そのままの位置で、抜いていった経路を逆向きに吸い上げて手を開くと、相手に入っていくことを感じました。
そこから、相手に重心の一部を移し、身体の伸びと手部の反りを同調させて行えると、相手に力を伝えられることを体験しました。
抜いていくときや、入れていくとき、重心の位置や骨盤の傾きが変化しても、膝と股関節や尾骨と頭部など、全身としてみると常に釣り合いが取れ、自分自身のバランスを保ったまま、力の向かう方向を変えていけることを学びました。

M岡さん、KMさん、身体に関する多くのことを発見させてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/576-3e1d34f2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】