HOME>呼吸法セミナー

体験記60

合気の心身研究会 2014.10.26

先日の「合気の心身研究会」では、呼吸に伴う立ち上がりの大切さを学びました。

相手に前方、後方、側方から頭部を押してもらい、相手に力を返す練習をしました。
力を抜いて、相手の負荷を吸い込める角度に骨盤を傾けました。
合う位置で、息を吸って尾骨と頭部が繋がるときに生じる伸びが伝わると、相手に力を返せることを体感しました。

立位で、そうした体幹の伸びが、四肢にどのように伝わっているかを観察しました。
伸びようとする働きに対して、反対の作用を起こしている場所があり、無意識に身体の一致した動きを妨げてしまっていることを実感しました。
前方にバランスが変化するとき、足底の弛みを後方に引いて身体後面を突っ張ってしまっていましたが、前方に向かうように取っていくと、膝の力が抜け、身体が協調することを感じました。

相手に腕を持たれた状態で、体幹の軸を立てたまま骨盤を丸めながら、相手からの重みを吸い込みました。
ぶつかっている場所を脱力するほど下肢には力が溜まり、手部を張って付けたまま、骨盤を立てて下肢後面を伸ばすことで、その高まりを相手に伝えられることを体験しました。

また、相手に入れるときも抜くときも、頭部による誘導が重要であることを学びました。
相手に力を伝えるときには、バランスが前方に移り、そこから頭部の動く方向によって、相手を含めた重みの落ちる位置が感じられました。

そうした呼吸から起こる身体の連動が、そのまま相手に繋げ伝える働きになっていることを体感しました。
生じた張りが撓まないように動こうとすれば、自然に股関節から動作が起こり、それが上肢に伝わっていくことを感じられました。

M岡さん、参加された皆様、今月も密度の濃い時間をありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/580-b445f729

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】