HOME>合気観照塾

印象文04

合気観照塾 2014.11.15

・相手とずれた位置で向き合っていても、片側の股関節を寄せて、丹田を向けると、中心で攻められる

・上肢尺側から腋の下を通していくと、相手を浮かせられる
 通した位置から、力を抜いてずらす

・道具の傾きに付いていく
 握っていても、手の内は常に動き、両手の間の張りは緩まない

・上肢の反りの意識を最後まで途切れさせずに攻める
 抜けると経路が変わって力が入ってしまう

・呼気に伴う脱力と恥骨の締めと接点での吸い込み、吸気に伴う張りと仙腸関節の寄りと手部の開きが連動する
 仙腸関節の動きが、直接に相手に伝わる状態を体感できた

・小さな動きでも、同じように体内操作を行なうと、同様に相手を動かせる

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/585-c5b606ea

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】