HOME>武術研究会

稽古記録04

東雲道場 2014.11.25

先日は、東雲道場で稽古を付けて頂きました。

袋竹刀を持って向き合い、小手を打ち合う稽古をしました。
同じように袋竹刀を使っていても、相手が止まってくれている稽古ではなく、攻め合っている勝負というように認識が変わると、剣の届く距離と踏み込む幅が合ったり、相手の間合いから離れたりといった反応が自然に生まれることを体験できました。
剣の長さや足運びだけでなく、身体の内部の伸びによって、間合いは大きく変わることを体感させて頂きました。
目から伝わる動きを追っていても間に合わないことを実感し、相手の内面の変化に意識を付け続けることの大切さを感じました。

剣を相手に当てたところから、抜けない位置で、思い切り押す練習もしました。
いくら上肢に力を入れても上半身が上滑りし、力を伝えるために下肢の働きを活かすことが不可欠であることを実感しました。
剣を上げた位置から、力を抜いて振り下ろし、落下と共に内部に高まった力を、鼠径部に集約しました。
腰を深く落として両脚を張り、相手との接点との間に生じた圧力が、そのまま下肢の実感と一致している状態を体感できました。
手は脱力したまま、集まった力を股関節で交互に移し替えると、相手の負荷に対しても楽に進めることを体感しました。
これは無理だろうと思ってしまうような状況においても、上肢を脱力した状態にあると関係性が覆ることを体感し、勝手に作ってしまっている強さや重さに対する固定観念を変えていく必要性を感じました。

色々と持ち方を変えながら、相手に技を掛ける練習もしました。
相手との間の緩みを取り、その関係を保ちながら、自分自身が力を抜いていける経路に付いて行きました。
意図を抜いて感覚を辿っていくことで、実感が無いほど楽に相手を誘導できることを経験できました。
お互いの関係性によって、結果的に相手が上がったり下がったり転がったりするだけで、技に名前が無いことを実感できました。

IYさん、今回も様々な切り口から、発想を変えてくださり、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/590-63039273

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】