HOME>施術勉強会

スペース斜取る

昨日は、M岡さんのご自宅での勉強会に参加させて頂きました。

股関節の前後や左右や上下の動きを行ない、その伝わりによって、手の中を杖が滑っていく様子を観察しました。
手から先に動いてしまったり、体幹が捻れてしまったり、骨盤が動かせる位置になかったりと、様々な要因によって、力の伝達が妨げられてしまっていることを確認しました。
片側の股関節を引くと、鼠径部の深みと共に力が溜まり、上肢が棒の重さや形状に沿って滑っていくことを感じました。
繋がって動ける姿勢にあると、股関節の動きと一致して、手部から伝わる感覚が移り変わり、情報を受け取るために、上肢の力を抜いたまま動けるようにしていくことが、如何に大切かを感じました。

体幹と両肘と分け目を結ぶ菱形を意識して、剣を青岸に構えました。
物打ちを握った相手を、外枠で返そうとするのではなく、相手に焦点を合わせて、フレームの対角線をイメージしながら攻めました。
目線と恥骨の向きを一致させて、体幹を回旋することで、体幹内部に力の高まりを感じられ、正中線の側方にラインが生まれることを感じました。
体幹が斜めを向いていても、攻める側の目や胸骨側面や丹田や股関節や足の向きから生まれる力のベクトルの方向が、相手の中心と合い、股関節が深くなる方向に膝を曲げると、相手を浮かせられることを体感しました。

前に進む動作においても、左右の股関節の寄せの切り替えが、重要な働きを果たしていることを学びました。
前方の脚の股関節に相手からの負荷を吸い込んで、後方の脚を浮かせ、繋がりが途切れない臨界の位置に下ろして、重心を移して行きました。
肋骨は浮かせたままにしておくことで、相手から負荷を受けていても、接点を留めながら、股関節を自由に動かすことが出来ました。
左右の股関節の行き来に伴って、フレームの傾きや内角の割合が変化しても、常にいずれかのラインで相手への焦点が合い、付けた意識が抜けることなく進めることを体験できました。

M岡さん、KMさん、昨日も、身体の観察を深める機会を、ありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/593-13a7359f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】