HOME>武術研究会

稽古記録08

東雲道場 2015.01.27

昨日は、東雲道場で、IYさんに稽古を付けて頂きました。

帯の巻き方や剣の持ち方といった、基本から教えて頂きました。
居合いを行ない、剣を抜いてから、鞘に納めるまでの一連の流れが、吸って、吸い上げて、弛めて、吐く身体の動きと一致していることを感じられました。
身体の伸びによって、切っ先まで抜き切り、物打ちが中央に来る位置のまま浮かせ、弛めて手首を返し、鞘のラインに合わせて下ろして行きました。
腰が反ったり、肩や肘に力が入っていると、スムーズに剣が抜けず、途中で損なわれることなく手部まで伸びが伝わる経路を丁寧に観察していく必要性を感じました。

中指・薬指と小指球で挟むように持ち、剣の傾きに伴うバランスの変化を観察しました。
中指や薬指のどちらかを外したときの手の内や、呼吸の伝わり方の違いを確認し、それぞれの指の持つ働きについて実感できました。
息を吸って手掌の皮膚のズレによって柄を引き分け、張りを保ったまま吸い上げることで剣が上がって行きました。
剣を含めたバランスが、呼吸によって変化し、下肢の引き寄せや足の踏み出しも、それと連動して起こっていることを体感しました。

両手で杖を挟んでぶらぶらしながら、杖が、重力の働きで落ちていこうとする手部を支えている様子を観察しました。
息を吸い上げて頂点まで浮かせたところで、弛めることが出来て初めて、杖に力が溜まっていくことを感じられました。
それを開放し、重力に沿った落下に任せることで、振り下ろす動作が生まれることを体感しました。
先に身体内部の重みを落としてから、杖を下ろすことで、相手からの反作用を受けることなく、自分自身の内部の変化を相手に伝えられることを学びました。
杖を自分自身の一部とすることで、筋力によって骨を動かしているのではなく、筋が働ける位置に骨のバランスが変わっていくというように視点を変えて動作をみることが出来ました。

IYさん、いつも稽古を通して発想を広げてくださり、ありがとうございます。
これからも、夫婦共々、よろしくお願いします。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/608-ba4dbc2a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】