HOME>合気観照塾

印象文15

合気観照塾 2015.03.14

・タオルを縦向きや横向きに持ち、呼吸を伝える
 両手を引き分ける力によって、中点の撓みが取れていく様子を観察する

・呼吸に伴う張りが相手に伝わり、空気を吸い上げていくことで、相手を浮かせる働きが起こることを体感した
 押そうとしたり、上げようとすると、ぶつかってしまうことを実感できた

・体幹の締めと、両手の絞る動きが連動する
 棒の芯を感じながら意識を細くして、背骨の動きと同調させる
 
・手首の尺側が決まる方向に突き出す
 両手の中点の位置は変わらず、一側で攻めが起こると、反対側では引きが起こる

・相手の中心に伝わる方向に合わせる
 棒の傾きや絞りで繋がりを辿り、合う一点を探る

・張りを弛めないように外枠を残して、吸い上げた重みを落としていく
 接点は動いていないように見えても、内部の動きが相手に伝わり、相手を吸い込む働きが起こることを体験できた

・頚部を引いて、上肢の力を抜く
 前方への重みの傾きと、後方への引きのバランスが取れていると、落下する力に任せられる

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/623-411eea57

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】