HOME>合気観照塾

印象文16

合気観照塾 2015.03.28

・片手で剣を持ち、浮かせていく
 中指と小指球に掛かる圧力が変化しながら剣が上がっていく様子を観察する

・呼吸と剣の動きが同調する
 吸気から呼気への切り替わりと、頂点での剣のズレが一致する

・ロッキングチェアの揺れを剣に伝える
 手から動くのではなく、股関節の動きが滞りなく伝わると手が動き、その働きで剣を上げる

・刃の断面の傾きと一致させて、立て替える
 刃筋は、常に相手の中心に向かう

・剣のバランスの中心を意識して持つ
 重心の位置を感じながら、その釣り合いに付いていく
 もっと剣の都合を聞きながら動けるようにしていく必要性を感じた

・背側を張って手首を決め、上肢尺側が利く経路で柄を握る
 労宮を活かせる位置で、両手の引き分けと、それぞれの手の引きと攻めが伝わると、剣の刃や棟を伝わっていく力の方向と同調する

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/626-ff86d2ef

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】