HOME>呼吸法中心塾

学習内容52

バランス☆運動療法初級講座 2015.06.13

・両側の足部から仙骨に繋がる位置に合わせて、頚まで繋げて頂いたところから、弛んで行く状態を体験した
 それぞれの伸びていくタイミングが違っても、最後に中央で合わさるように弛んでいくことを興味深く感じた

・力が抜ける位置に浮かせ、諦めて伸びて落ちていくのを待つ
 現状に留まろうとする無意識の緊張が解ければ、弛んでいく働きが自然に起こることを体感させて頂いた

・持っている物との相性によって身体に生じる反応を観察する
 脳の働きも全体のバランスの中で捉え、それを平に近付けることで変化が起こる可能性を示唆してくださり、アレルギーや体質に対する見方が大きく変わった

・手の力を抜いて、相手の頭部に押す手をパシーと沿わす
 それぞれの指を中心に合わせ、頭部の皮膚の緩みを、繋がる方向にずらした位置で待っていると、内部が動いていく様子を感じられた

・中指を支点に頭部を吊り、どちらにも傾けられる不安定な位置で待つ
 意図的に動かそうとしたり安定させようとすると、動きが止まる

・セミナー終了後に、机を片付けているときに、机の重さと同調して仙骨の意識が高まる感覚が得られた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/646-b78f3b43

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】