HOME>合気観照塾

印象文26

合気観照塾 2015.06.13

・両手に紐を掛けて、呼吸に伴う全身の張りで緩みを取る
 外へ向かう張りと中心に向かう意識の釣り合いが、抜けないように動く

・息を吸って、手首を決めながら、肘を落とす
 腕を上げようとせず、重みを腕の下側に下ろして伸ばすことで、相対的に手が上がる

・指先を伸ばして、相手の向こう側まで意識を通す
 相手の中心がずれた所からの、傾いていく方向を受け取る

・接点の緩みを取ったまま、バランスの変化に従って身勢を変え続ける
 その動きの結果が、様々な技になることを体感できた

・下肢の張りで臀部を浮かせ、第五腰椎が決まると、骨盤を自由に動かせる
 床から受け取った力を、身体内部を通して滞りなく相手に伝える

・母指を引いて、指一本一本で丁寧に頚まで繋げられると、螺旋の動きが起こる
 動作として動くのではなく、伝わる感覚によって動くことの大切さを感じた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/647-9597a795

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】