HOME>合気観照塾

印象文34

合気観照塾 2015.08.29
 
・肩や肘を落とすことで自分自身の腕の重みを預け、相手を吸い込む
 背中の皮膚の厚みを貼り付けて保障しながら、重力に逆らわない姿勢に近付ける

・脱力したところから、接点を留めたまま体幹を股関節から絞り、さらに肩の力を抜く
 相手との関係性の中で、自分自身を力が抜けるバランスに誘導し続ける

・息を吸い上げながら、ウエストや首に掛かる見えない輪を締めて、体幹を細くする
 肋骨を締めようとしたり、後頚部を伸ばそうと意識すると固まるが、呼吸の働きが全周を通っていくと、締まって伸びていくことを実感した
 体幹が頭部まで立ち上がり、内部が充実してくると、肩や背中の外側の筋を弛められることを体感した

・吸息に伴う、肋骨の内側に内部を引き込む力を伝えることで腕や脚を上げる
 足趾まで意識して踵を浮かせることで、足部が股関節や膝と連動して動き、地面と水平に足が上がる
 指先まで意識して、季肋部から順に繋げ、皮膚を固めないように腕を伸ばす

・肩の力を抜いたまま手を張り、上肢を力の伝達経路として使う
 相手に持たれる前から丹田と繋げて浮かせ、丹田の攻めによって相手に入れ、最後まで丹田を抜かずに動く

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/662-f0a175ee

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】