HOME>呼吸動作研究会

活動報告65

健康維持互助会 2015.09.27

・相手の上肢を両手で浮かせ重みを感じることで、どちらにも傾く支点があることを体感できた
 内部の弛みが、指先までの関節一つずつを通っていく様子を受け取りながら、落下に付いていく

・呼吸と一致した動きによって、木の玉を支点としたシーソーを揺らす
 木の玉と床の接点の感覚が途切れないように付けたまま、丹田の動きを伝える

・木の玉を足底や身体背面に当て、痛みを感じる部位や角度を観察する
 左右のアンバランスや、感覚の濃度のばらつきがあり、痛覚を上方へ伝えていくと弛める働きが起こることを感じた

・木の玉を当てることで生まれたバランスで、身体の通り道の変化を観察する
 木の玉に押された場所から頚まで繋がるように誘導し、そこから抜けていく経路を辿る

・相手からの負荷を吸い込んだり、丹田の動きを伝えたりできる位置に、上肢を浮かす
 肘や肩で止めてしまい伝達が妨げられている状態と、留めたまま力が自由に伝わる状態の違いを実感できた

・お互いに繋がった状態で、自分の中心を相手の中心と同調させる
 相手との間の接点の圧と一致した大きさで丹田を転がすことで、上肢を通り道として力が伝わる感覚を得られた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/669-7bb1c7c4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】