HOME>呼吸法中心塾

学習内容56

バランス☆運動療法初級 2015.10.10

・五芒星を構成するラインのイメージで、全身の繋がりを診る
 下肢から対角の上肢を経由して対側の上肢から抜いてきたりと、自在にバランスを変えておられる様子に驚いた

・相手に合わせて息を吸い、保息して付けたまま待ち、相手に合わせて息を吐く
 呼吸に伴う空気の動きと、付ける・入れる・抜くの関係を感じることが出来た
 触れている手のどこにもぶつかることなく、バランスが変わっていく状態を体験させて頂いた

・小さな動作を観察し、筋力で動かしたときと、呼吸の力で動いたときの違いを鑑別する
 わずかな動きからも身体の繋がりが変わり、軽く浮かせられるようになったり、重みに任せて落とせるようになったり、 皮膚の感覚が高まったり、温かく感じたりと、様々な形で変化が表れることを体感できた

・意念で、呼吸や体内操作で行なっていた動作をトレースする
 自分自身の身体の変化をどれだけ繊細に感じ取れるかが、意念の精度を高め、相手の身体を深く診ることに繋がることを実感した

・外側で動こうとせずに、相手の内部の変化を受け取ることで、自分の内部を動かす
 軸を立てて力を抜き、自分が揺れられる状態にあると、それが相手にも反映されることを感じられた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/671-eadd4897

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】