HOME>武術研究会

稽古記録18

東雲道場 第二十四回研究会 2015.11.29

・剣の重みを感じながら、前後や左右への重心の移動と共に剣を振る
 踵を下ろしたまま下肢を浮かせ、足底の面に合わせて足首が動くと、繋がりが途切れること無く足を運べることを学んだ
 脚を上げていないときも、同様の体内操作によって、足底からの吸い上げを上肢まで伝えることで、剣を上げられることを体感した

・前腕と剣の向きが一致する位置に肘を引き、体幹からの攻めが切っ先まで伝わる身勢を取る
 前後の張りを保ったまま、膝を弛めて重みを下ろせると、上肢を脱力して浮かすことができ、左肩や前腕など、どの方向から押されても返せることを体感できた

・雷刀を下ろした後の左足を寄せるときに起こる伸びが、螺旋状に昇って剣に伝わり、相手の指を外しながら次の一刀を振れる位置に移動する力になることを体験した

・横隔膜を浮かせたまま、股関節から左右の下肢を入れ替えることで、体幹を捻らずに移動したり、身体の向きを変えたりする
 股関節の動きや骨盤の立て替えだけで誤魔化さずに動くことの難しさや大変さを感じ、それを身に付けるための積み重ねの必要性を実感した

・身体を伸ばしながら鞘から剣を滑らせ、止まった位置で脱力して、さらに身体を伸ばして抜刀する
 抜刀も雷刀や納刀も、深い呼吸のリズムに合わせて丁寧に観察することで、剣を含めた全身の協調した動きとして観られることを体感した

・物打ちを正中に置いたまま、肩の力が抜ける位置に腕を開いて、吸い上げによって剣を浮かす
 物打ちを目標に付けたまま、肩、肘、手首と順に弛めていくことで、鞘と合う角度に剣が傾き、重みの落下によって納刀できることを体感した
 軸であったり、目線であったり、物打ちであったり、手首であったり、その時々で基準となる点を、留めたり移したりして動作を行なうことの大切さを感じた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/685-8cfbb2b9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】