HOME>呼吸動作研究会

活動報告69

・自分の大腿の上で、呼吸と一致させて手を移したり浮かせたり沈めたりする
 触れている場所の深さや伝わってくる感覚に、意識を向けながら手を当てる

・立位での重心移動や片脚立ちを行ない、足底を畳から浮かせたときと接しているときの違いを観察する
 足底の重心の乗る場所や掛かる圧の深さの変化を観察し、足が着いている状態でのコマ数を増やし、重心移動の精度を高めていく必要性を感じた

・立った状態で、手掌や足底の圧の深さを変えながら、相手への力の伝わり方を観察する
 相手の感受性に対応して反応の起こるタッチの深さが変わり、体内操作や重心移動もそれに伴って変化することを感じた

・常に両手のバランスが取れる位置に移しながら、経絡の流れを辿って鍼を当てていく
 SRさんの鍼治療を受けさせて頂く中で、頭部の意識が薄かった点の感覚が高まり、それによって身体の緊張が弛んでいくことを感じられた

・相手の周りの空間も意識しながら、小指球から訊くようにして手を近付ける
 触れる側がどれだけの細やかさをもって接していくかによって、お互いにとって触れる以前の感覚が全く変わることを体験できた



午後から、K野先生が来てくださり、会員を順に施術をしてくださいました。
それぞれの現状に合わせて診立てをされ、施術を通して変えていかれる様子をじっくりと観せて頂くことができ、多くの驚きがありました。
K野先生、素晴らしい時間をくださり、本当にありがとうございました。

・形や固さや音や色や温度や咳など、身体に表れているあらゆる手掛かりを受け取りながら相手を診る
 症状にこだわらず、気になった箇所に響きの大きい別の場所から通していくことで、間接的にバランスを変える

・相手の両足を把持して、弛んだ側と同調させることで、反対側を誘導する
 二点に手を当てての誘導も、両間を繋ぐ自分の在り様次第で色々な見方ができることを感じ、発想が広がった

・母指と四指の引きと攻めで、相手の両足首が決まるポジションを取り、それぞれの通る位置で待つ
 施術を受けている立場でも、全身の前面と後面に引きと攻めが生まれることを感じられ、繋がりを持った動きが起こるポジションで待つことの大切さを感じた

・足が決まるポジションで鍼を垂直に当て、前後左右の傾きをみて伝わる位置に合わせる
 鍼をバランスの支点として、反対側の手で鍼の先端の圧や向きを調節しながら誘導する感覚を得られた

・相手の腹部に手を乗せて、呼吸の浮き沈みを同調させることで、振幅を高めていく
 呼吸をする度に体幹の内部の緊張が弛み、呼息の深さや吸息の広がりが変わっていく様子を体感できた

・施術をして頂いた後、腕を上げると自然に肋骨の内側から伸びたり、頚を回すと脊柱全体に伝わって回旋することを感じられ、身体の変化を実感できた
 下肢の折り畳まり、骨盤の寄り、第五腰椎が入る位置、肋骨の締まり、肩の向き、頚部と頭部の釣り合いなど、自分の身体のバランスを観察を深める必要性を改めて感じた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/698-2ad321f0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】