HOME>呼吸法中心塾

学習内容60

バランス☆運動療法初級 2016.02.13

・足の形や着き方を診ながら、姿勢や動作に表れている影響を観察する
 立位で足部から上ってきた力が中心に集まるように下りて行く状態を感じられ、外に寄っていた重心の位置が変わり、楽に足を上げられるようになることを体感させて頂いた
 
・身体の表裏にそれぞれ手を当て、両手の中点を動かすことで相手の繋がりを誘導する
 どの層からアプローチするかによって、触れていても触れていなくても、同様にバランスを変えられることを体感させて頂き、その細やかさに驚いた

・足部と足趾を把持し、両手を張りながら、相手の頚に繋がる位置に焦点を合わせる
 足趾を順に持ち、それぞれの繋がっていくポジションや弛んでいく経路の違いを体験できた

・足関節が決まり、趾先を反らすように相手の足を把持し、全身に引きと攻めが生まれるバランスで待つ
 繋がる体勢で待てると、自分から働き掛けようとしなくても、足が引かれるように入り、弛んで伸びていく働きが起こることを体験できた

・指を当てた点から浸透していくと、中の糸に引かれるように頚が動く様子を観せて頂いた
 どこから触れても、そこから波動が広がり、内部の繋がりを通して動きが起こることを感じられ、身体に対するイメージが広がった

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/701-36459f24

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】