HOME>呼吸動作研究会

活動報告71

健康維持互助会 2016.03.27

・アロマオイルの香りを嗅いで、それぞれのエッセンスによる反応の違いを観察する
 会員それぞれで好みや相性があり、その時の心身の状態と香りの感じ方の関係を興味深く感じた

・第五腰椎の位置を確認し、仙骨との間に指を当てて、頚に通る方向に合気上げを行う
 第五腰椎と仙骨が連係した状態に近付けると、頚が立って頭の位置が決まり、軸を伸ばしたまま下肢の力を伝達できることを実感した

・下肢の動きが股関節を通って仙腸関節へ繋がるように、大腿骨の長軸に合わせて膝眼を引く
 下肢の動かし方の癖によって、股関節の角度や膝の向きや足首の傾きに捻れが生まれ、通りが妨げられてしまっていたことを実感した

・仙骨を留めて寛骨を動かしたり、寛骨を置いたまま仙骨を動かして、仙腸関節の動きを確認する
 仙腸関節の可動域が広がると、腎経から吸い上げたり膀胱経を下ろしていく力に連れて、骨盤が柔らかく動き、波が滑らかに伝わっていくことを感じられた

・筋の収縮で支えるのではなく、支点の変わるシーソーのように重みや形状でバランスを取ることで後方の空間にもたれる
 釣り合っているときの内部の張力を保っていれば、全体としての傾きは崩さずに自由にバランスを変えられることを体感した

・身体が変わると、感じられる香りの密度や濃度が大きく変化することを実感し、いつも感覚が通りやすい状態にしておくことの大切さを感じた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/711-fcc55afb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】