HOME>呼吸法中心塾

学習内容61

バランス☆運動療法初級 2016.04.09

・両足を力が抜ける位置に浮かせ、左右それぞれの脚から、膀胱経や衝脈を繋げる
 外見にはほとんど分からないほど繊細な動きから身体が繋がり、緊張が弛んでいく様子を体験させて頂いた

・足関節が決まるバランスで把持して、それによって現れた足部の捻れを調整する
 足部、足関節、膝関節、股関節と一つずつ繋がる位置に近付けて、頚までの経路を順に通す

・頭部から螺旋状にスキャンして、途切れている場所や詰まっている場所を観察する
 身体の繋がりをどの視点から診るかによって、診立てや誘導に臨む角度をどのようにも変えられることを感じた

・ベッドに前腕を乗せていても、指先まで呼吸を伝えることで手首が決まり、相手を浮かす働きが起こることを体感した
 足部や頭部を固く捉えずに、手掌側も手背側も力を抜いて、内部の動きに柔らかく付いていく

・頭部の下から当てられた手の圧で背側が繋がったり、顔に乗せられた手の重みが腹側に広がったりする感覚を得られた
 後面から当てながら前面を、前面に乗せながら後面を意識して、全身の皮膚を揺らす

・十指を相手の頭部に沿わせて浮かせ、そのバランスの中での中心を動かす
 自分の中心を押し付けるのではなく、相手の頭部の片寄りを診ながら繋がる位置に近付け、そこから起こるバランスの変化を導くことで、中心が変わることを体感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/713-a751de5d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】