HOME>呼吸動作研究会

活動報告72

健康維持互助会 2016.04.24

・骨盤や膝や肘を支点に四肢を回し、回転する支点の位置や、それを変えることで起こる変化を検証する
 丹田の回転が伝わるように力を抜き、そこから先の重みによる傾きに付いていく

・両側の股関節の上で骨盤を転がし、頭部の重みに任せるように力を抜いて背骨を回す
 軸を立てて第五腰椎を決めることで、頭部を転がしていた力を上肢に繋げ、骨盤の動きを相手に伝達する

・猫が背中を伸ばすポーズを取りながら、脊柱の反らせにくい場所を観察する
 先に背骨を丸めないよう鼠径部を深め、息を吐いて弛めながら下肢から上肢に至る腹側の経路を伸ばす

・天地人の串刺しで上肢を上げ、そのときの重心の変化や伸びていく経路を観察する
 股関節から肋骨下部を通るラインを伸ばしながら、中心から順に指先や趾先まで呼吸を伝える

・膝を弛めたまま、足趾を浮かせて臀部を引き上げ、膀胱経を伸ばす
 下肢後面の張力が高まるように呼吸を吸い上げ、股関節から体幹を起こすことで剣を上げる

・両手で絞るように中央で刀を構え、手の内を弛めずに、より手首が決まるバランスへ肘を曲げる
 上げた位置でも刃筋が相手に向き、そのまま肘を弛めるだけで、相手の中心へ刀を降り下ろせることを体感した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/718-4ddaa5b3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】