HOME>合気観照塾

印象文68

合気観照塾 2016.05.21

・手部を丸めながら息を吸い上げて離陸して、相手の瘂門を指すように指先を伸ばす
 意識の奥行きを保ったまま、肩・肘・手首と順に脱力して相手を転ばせる

・接点を置いたまま、体幹からの伸びを上肢に繋げ、相手に向けて解放する
 上肢が螺旋状に伸びていく働きに付いていくことで、相手の遠い経路を通して中心をずらし続ける

・指一本ずつを意識して順に伸ばすことで回旋し、相手を向こうへ転ばせたり、手前に落としたりする
 相手を浮かせたところから崩れていく傾きを受け取り、その流れを増長する方向に手を転がす

・上肢や下肢の外側への張力が同調して生まれるバランスで息を吸い、それを維持したまま中心から動く
 相手から加えられた負荷と釣り合うように張り、お互いを包む張力を保てると、相手に付け続けられることを体感した

・前腕から先を相手に預けたまま、相手の中心に向かう方向に肘で攻める
 股関節の動きを肘に伝達できると、直接に相手の頚を揺らしているような力が伝わることを体感できた

・相手に腕を両手で持たれた状態で、接点の位置を変えずに、両方から頚に繋がるように焦点を合わせる
 相手からどのように持たれても、それに合わせて脱力し、呼吸を指先まで伝えられると、相手を崩す技になることを体験した

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/723-da8631b2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】