HOME>武術研究会

稽古記録24

東雲道場 第三十回研究会 2016.05.29

・両手を前後に引き分け、右手からでも左手からでもなく、分け目から動かす
 骨盤の回旋によって鼠径部を寄せて上肢を先導し、剣の落下を手伝う

・肋骨の締めと対応して両肘を左右に張ることで、横隔膜との関係性を保ったまま上腕を動かせることを体感した
 上腕の上げ下ろしや、肘の曲げ伸ばし・回旋の組み合わせが移り変わりながら、体幹の内部の動きが剣に反映される
 最小限の動きで自分の身体の幅を守り、相手の中心に迫るという、剣術のシンプルに見える動作の出所を感じることができた

・相手の剣に囚われずに、剣を擦りながら相手の中心に向かって進むことで、勝手に相手が崩れて道が開いていくことを体験した
 剣を止めたり避けたりした途端に、自分の中心がずれ、反対に相手に付けられてしまうことを実感した

・相手が振り下ろした剣に付けたまま、軸は崩さずに臍の向きを変えて、相手の中心を攻める
 常に留まらず、剣が下りていく動きを次の吸い上げに繋げて、空いている場所を狙っていく

・青岸の構えから吸い上げて水車勢の位置に落とし、相手の剣ではなく頚の向こう側を引き寄せる
 相手の頚を斜めに通るラインをイメージし、相手の太刀筋と戦わずに被せるように上太刀を取る

・下肢の張りや骨盤の動きと連動させて剣を抜いていき、身体の伸びを螺旋状に伝えていくことによって抜刀する
 同じ経路で身体を伸ばしたところから、手首を弛めて刀と鞘のラインを合わせ、剣が下りてくる働きによって納刀する

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/726-8eca047a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】