HOME>武術研究会

稽古記録25

東雲道場 第三十一回研究会 2016.06.26

・両側の踵を付けたまま股関節を開排して、腰が決まる位置まで開き、肛門を引き込む力によって立ち上がる
 指先まで吸い上げた空気を中央に集めて下腹部に落とし、丹田感覚の高まりを維持したまま動く

・骨盤や肋骨を締めて四肢を張り、中央で呼吸を行き来させることによって、剣を上げたり下ろしたりする
 体幹を押し上げる下肢の力を、内部を通して上肢に伝達することが出来ると、楽に剣を上げられることを体感した

・ロッキングチェアでの後方への重心の移動と、身体背面の働きの高まりを一致させる
 背部と上肢後面が繋がって動くと、自然に肘が曲がって、相手を浮かせる働きが起こることを体感できた

・中指を支点としたシーソーが傾けるように柄を持ち、母指球と小指球の間でバランスを取りながら剣を動かす
 分け目、物打ち、切っ先の関係性を常に受け取り、意識を途中で止めることなく、内部の伸びをその先まで伝える

・前側の股関節に乗るように足を踏み出して剣を振り下ろし、股関節と物打ちの重みを一致させて相手に付けておく
 骨盤を締めて内部の空気をパッキングし、圧を保ったまま骨盤を立て替えることで、相手を引き込む

・身体の張りで両手の間を引き伸ばし、物打ちと肘と丹田が正中線上に並ぶように青岸に構える
 下腹部の球を二つのベクトルと合う方向に向け、正中と分け目の両方に作用するバランスで身勢を取る

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/733-7aca0203

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】