HOME>呼吸動作研究会

活動報告75

健康維持互助会 2016.07.24

・脚の開きや足部の角度を変えることによって、呼吸の入り方の違いを検証する
 姿勢を変えることで緊張する場所や通る経路が変わり、下肢の働きが呼吸に与える影響の大きさを感じられた

・枕を入れる位置を変えて、膝が楽に曲がる姿勢を確認する
 膝の力が抜けると、足関節の上げ下ろしや、股関節の鍬え込みが滞りなく伝わり、呼吸に伴う動きが全身に伝わることを体感した

・背側と腹側の中央を意識して、身体の奥行きを感じながら反る動きと丸める動きを観察する
 呼吸で骨盤を傾けて、その動きを脊柱に順に伝え、頚まで繋げる

・恥骨を寄せて大腿部を張り、骨盤を締める輪っかをイメージして、骨盤時計を行なう
 胸部や頚、頭部の輪っかと連動させて、骨盤の動きで上方への繋がりを誘導する

・息を吸い上げて脚を浮かせ、軸を崩さずに骨盤を傾けて下肢を伸ばす
 伸展したところで力を抜いて、脚が下りていく重みに身を任せ、弛めることで起きるバランスの変化で寝返りする

・動く範囲や固い場所を確かめながら、相手の下肢を力の抜きやすいバランスに近付ける
 両手の母指側と小指側で緩みを取って頚までの経路を順に繋げ、返ってくる働きを邪魔しないように付いていく

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/738-8be64fce

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】