HOME>合気観照塾

印象文79

合気観照塾 2016.09.03

・足の甲を抑えられた状態で、中心から足部のバランスを変えて相手の圧に馴染む
 相手の圧を含めた釣り合いの中の支点で、重心を移動したり、脚を上げたりする

・腹臥位で仙骨と後頭骨を繋げ、身体後面の張りによって下肢を上げて、相手に入れる
 呼吸と共に上方に上っていく流れに乗せて、足首を決めたまま膝を曲げて、相手を浮かす

・肩を持たれた状態で、接点を留めたまま骨盤を回旋し、股関節の動きを相手に伝える
 中心で相手に付けて、相手の軸を後方にずらし、お互いの間の撓みを取っておく

・息を吸いながら両腕を張って手を開き、相手と繋がるバランスで身体を揺らす
 自分の軸はそのままで呼吸を行き来させ、ロッキングチェアの動きを相手に反映させる

・尾骨を下げて鼠径部を深め、下肢の寄りに伴う立ち上がりによって、腹側を伸ばす
 腰を反らせて固めずに、命門を開いて脊柱を自由に動かせる状態で相手の負荷を吸い込む

・相手の圧に対抗せず、接点は止めたまま、呼息を相手に通して、相手の重心を踵に移す
 相手の揺り戻しに沿って、息を吸って重心を後方に移動すると、腕を上げなくても相手が浮き上がることを体感した
 自分に引き寄せるのではなく、相手に入っていくように息を吐くことで、相手の負荷を受けず、接点が付いたままになることを体験し、吸い込みのイメージが変わった

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/746-f8b496a6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】