HOME>呼吸動作研究会

活動報告77

健康維持互助会 2016.09.25

・腹部に手を置いて、呼吸がどのように入っているかを確認する
 「弛める」と「吐く」の鑑別を丁寧にしながら、下腹部への吸息と共に上げた膝を下ろす

・息を吸いながら膝を上げ、吸い上げによって脚を引き込むことで下肢を浮かす
 下りてきた流れを踵へ通して、頚まで繋げたまま伸展する

・後頭部に手を当てて緩みを取り、吸い上げた呼吸を頭部まで伝える
 頭部の位置を保ったまま息を吐き、頭が納まるバランスへ後頚部をさらに伸ばす

・胸骨や鎖骨に触れ、吸って弛めて吐く中で起こっている動きを観察する
 腕を肩から上げずに、吸い上げた呼吸を胸骨から鎖骨へ繋げて上肢を浮かす

・仰臥位で、仙骨と後頭骨の当たる場所や圧力が、呼吸の行き来によって変わっていく様子を観察する
 仙骨の丸まる動きと連動して頭が上がると、骨盤や鎖骨を弛められ、四肢を自由に動かせることを体感した

・呼吸で両脚を浮かせ、片側への重みの傾きと伸びに伴う頚への繋がりで寝返りをする
 身体内部の経路を通って力が行き来することで、全体のバランスが変わり動きが起こっている様子を感じられた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/751-5af4ff50

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】