HOME>合気観照塾

印象文84

合気観照塾 2016.10.08

・中心の軸を残して高度を保ち、側方のラインを通して下方へ落とす
 相手との間の緩みだけ取り、上肢を体幹と分離して吸い上げ、先に重みを下ろしてから体幹と繋げて息を吐く

・負荷を受けている場所を脱力して相手を浮かせ、吸い上げた重みを下ろしてずらし、落下と共に変化するバランスに応じて力を抜いていく
 相手を動かそうとする欲を捨てて、自分の中でぶつかっている所をひたすら弛め続ける

・背部を開きながら肋骨を締め、脊柱の張りを保ったまま、相手に入っていくように圧を受け取る
 相手の負荷を足底へ落としていけるバランスで上肢を浮かせられると、息を吸うだけで重みを返せることを体感した

・労宮で吸い込んで両手の中心を引き分け、母指側の引きと小指側の攻めで刃筋を作る
 生まれたラインの最上点へ視線を移し、意識を残したまま片側の股関節を引いて最下点まで落とす

・吸息と共に鼠径部が深まる身勢を取り、出来た切れ込みに合わせて股関節を曲げる
 息を吸って後頭骨と仙骨を繋げ、上肢のフレームを保ったまま股関節から身体を折り畳む

・押したり落としたりしようとせず、伸びに付いていくようにお辞儀することで相手を崩す
 身体背側を通して重みを下ろして腹側を弛め、相手に伸びを誘導してもらうように技を掛ける

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/753-235a634f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】