HOME>合気観照塾

印象文86

合気観照塾 2016.10.22

・両手に掛けられた圧に合わせてそれぞれ脱力し、そのバランスに従って左右の骨盤を傾ける
 骨盤を締めたまま、下肢の張りと一致させて呼吸を吸い上げ、手を浮かす

・両手を仰臥位の相手の下腿に乗せて、何もしようとせずに、ただ力を抜くことで沿わせていく
 自分に同調できる前提が出来ていれば、何も意識しなくても、触れた瞬間に馴染んで相手と一致して動けることを体感した

・相手の肩に手を当て、接点の圧を変えずに、鼠径部が深まるように吸い込む
 直線的に押すのではなく、力の流れに合わせて生まれるラインを、三次元でイメージしながら斬る

・呼吸に伴う手の動きを邪魔しないように、太極棒を擦って手の内の緩みを取る
 吸い込みながら近付き、馴染むように持つことで、手首が決まって頚が伸び、吸い込んだ力を開放する前提が出来ることを体感した

・相手にばれない細やかさで、太極棒を絞って芯を細くし、引き分けて分け目を作る
 太極棒の形状も向きも変わっていないはずなのに、太極棒に感じる実感が相手に反映され、力として伝わっていく状態を興味深く思った

・相手の持つ太極棒の傾きに合わせて、丹田と繋がるバランスで手を伸ばす
 分け目の意識を保ったまま、相手と太極棒を一体として、丹田から動いて崩す

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/756-76dbc187

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】