HOME>合気観照塾

印象文87

合気観照塾 2016.10.29

・分け目の感覚を保ちながら肩の力を抜き、浮かされた相手のアンバランスを受け取る
 太極棒の分け目と丹田を一致させたまま、骨盤で相手の傾きに付いていく

・自分の丹田と分け目と相手の頚を通るゲレンデをイメージして、その延長にある頂上から滑らせる
 相手の後方の空間に点を置いて、そこから滑り落ちていく流れに合わせて落とすことで、実際の高低差以上の落差を持って動く

・相手の肩を両手で把持して浮かせ、頚と繋がる位置にずらす
 浮かせた高さで重みを先に落とし、呼息と共に圧縮される力を最下点まで伝えることで相手を崩す

・声の高さや発する音によって呼吸の通り方が変わり、力の伝わり方が全く異なることを体験した
 相手に合ったトーンで呼吸を入れ、共鳴できる状態で息を吹き込むことで相手のバランスを変える

・観たことのある色合いを思い浮かべ、現実味を持ってイメージしながら相手と同調する
 色彩によって心身に起こる反応を喚起することで、自分を弛めたり、相手に入れたりも出来ることを体験し、五感の働きが身体に及ぼす力の大きさを実感した

・相手の肩に手を当て、呼吸が相手に伝わる一点に身体を合わせる
 自分の肩の力が抜け、丹田が合い、相手の中心に向かうバランスを常に取れるように意識していく必要性を感じた

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/759-3c730a67

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】