HOME>呼吸法中心塾

学習内容66

バランス☆運動療法初級 2016.11.12

今月のバランス☆運動療法初級講座では、K野先生と修験道の先生の施術を受けさせて頂きました。
K野先生の施術では、見えないくらい細い糸が紡がれていき、伸展していく流れと共に強く繋がりが現れるように感じました。
修験道の先生は、直接に触れておられなくても、声や、動きや、周りの空間の流れを受け取る中で、身体に反応が起こっていくことを感じられました。
どのような機序でそうなるのかは分かりませんが、施術を受けている中で、身体が軽くなり、気持ちが前向きになっていくことを実感できました。
先生方の術を体験させて頂いた後、それぞれの会員に対する身体の見立てやアプローチを、普段と違った視点から観ることが出来ました。

その後、上腕部に腕枕を置いた状態での施術をお互いに練習しました。
枕の位置や腕の角度を変えながら、把持した場所から頚への繋がりを確認しました。
パートナーには腕の重みを枕に任せてもらうことができ、自分も相手と枕との接点を意識しながら揺れに任せて転がすだけで弛んでいく様子を感じられました。
何も滞りがなければ、手からの動きがそのまま頚に反映されて頭が揺れ、反対の腕にも伝わって行きました。
頭部の下に転がる支点を入れると、下肢からの動きが頚で止まることなく繋がっていくことを感じられました。
枕に任せて動いたり動かしてもらったりすることで、自覚できていない緊張があちこちにあることを実感しました。

施術するときの心持ちとしてアドバイス頂いたことは、生き方そのものにも繋がっているように感じました。
「治療」という枠組みを越えた深い学びを頂いていることに、いつも感謝しております。
体感させて頂いたことを元に、自分が出来るところから感覚を高めていきたいと思います。

K野先生、修験道の先生方、参加された皆様、今月もありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/tb.php/761-3652d622

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】